読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sanoの館

ここはsanoの館です。気長にお付き合い所望する!

へのへのもへじ Life after Deth

f:id:sano8107:20130827034717j:plain

 

私が最初に手掛けた「へのへのもへじ

 

ここまできました

 

KIMIHITOクン ありがとう

 

彫師という仕事は

 

ある意味で彫られる人の気持ちの整理を

 

手助けしてくれている

 

作品として

 

カッコいいし

 

それだけじゃナシに

 

助けられています

 

彫られているあの瞬間は

 

半端じゃなく メチャクチャ痛い

 

その瞬間だからこそ

 

色々と心の整理ができる

 

生半可じゃ やれないな お互いに

 

 

腕に根

 

鎖骨に月

 

左半身に鷹

 

全てに理由があり 全てが勢いでもある

 

・・・・・

 

体中から木を生やす

 

そういう墨をいれたのですw

 

面白いでしょwww

 

生き物の原点 やっぱり木(自然)は人(自分)の先輩だよね

 

ecoドナーがあれば

 

私は全身全霊協力します

 

喉仏だけ 地元に埋めて欲しいかな・・・。

 

 

木の根を生やした 左腕の「18」の傷は

 

19歳の1月18日に自ら刻んだ傷で

 

当時付き合ってた彼女との間に産まれた子を葬ってしまった日

 

申し訳なさがいっぱいで

 

当時のオレは 痛みを分かち合うことでしか

 

自分を救うことができなくて 斬ってしまった

 

その切り傷から木を生やす

 

完全に自己満で オレだけの懺悔であり救い(大袈裟)かな

 

 

どうにか納得いく形と言うか、、、

 

当時の反省を 忘れずに生きていくことが

 

今後も生きると思って

 

13年経った今

 

彫りをいれたのは

 

・・・・

 

19歳の自分と何ら変わってないようにも思える

 

・・・・・・。

 

 

30歳で会社をたたみ

 

小さいながら組織の長として

 

普通じゃ見えない部分も見てきた

 

要するに

 

オレの人生は 負けっぱなしだなっw

 

基礎がともなっていないからなのか・・・?

 

負けて初めて 基礎を 重んじるようにもなってきた

 

もう年なのかな www

 

死んでから分かるじゃ

 

結局分からないから

 

家族ぐらいはのこしていきたいな

 

 

・・・・・・・・

 

 

Life after Deth(死後の世界)

 

・・・・・・・。

 

ただの 日記です。。。