読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sanoの館

ここはsanoの館です。気長にお付き合い所望する!

心頭滅却

友人が贈ってくれた蓮の花の画

f:id:sano8107:20140406210057j:plain

今日は誕生日

 

まずは

 

両親と話せて良かった

 

今オレが活力をもって生きられるのも

 

2人のお陰

 

活力がなくて

 

息してるだけの人形のような時期もあった

 

それでもオレを見守っていてくれてありがとう

 

彼と彼女は全てを知っている

 

だから自分にとってはかけがえのない存在

 

というわけじゃない

 

でも全てを知ったうえで見守っていていくれて

 

ありがとう

 

感謝します

 

言葉では足りないな

 

親に感謝するって ... どうしたらいいんだろう?

 

言葉で「感謝します」とか「ありがとう」って簡単だし

 

態度で 行動で 贈物で ... どれをしても2人には足りない

 

どうしたら 伝えられるんだろう ...

 

電話する前に悩んだ

 

どう表せばいいんだろう 感謝って難しい

 

結果 とにかく 今生き生きしている近況を伝えるにしかならなかった

 

・・・・・・

 

自分の誕生日って

 

親が 親になった記念日

 

ここ2、3年そう考えるようになった

 

自分は親になったこともないけど

 

きっと感動の日だったに違いない

 

オレは3男だから

 

その感情は薄れてたのかもな

 

であれば

 

大人になってからの感動のカウンターを

 

沢山あびせてやりたい

 

ただただ、電話越しに

 

感謝しているよと伝え

 

健康であって欲しいとだけ伝え続けた

 

・・・・・

 

生きる活力

 

生きる喜び

 

誕生日ってそんなことを改めて感じる

 

考える

 

親父は報告をくれた

 

オレがガキの頃通っていた書道教

 

書の師である村上先生が先日亡くなったと

 

小学校6年生の卒業記念に師に書いて戴いた

 

「心頭滅却」の四字

 

オレが頼んで書いて戴いた作品だ

 

今でも実家には額に入れて飾ってある

 

何故 その四字を選んだのか

 

オレのみぞ知るオレの本音

 

親父は見事に貫いていた

 

今のオレに 33歳になった誕生日のオレに

 

オメデトウよりも先にそのことを知らせてくれた

 

「心頭滅却であれ」

 

オレが選んでオレが自分の座右にした言葉だ

 

忘れるなかれ

 

33歳になった

 

33は 長嶋茂雄が監督として第二の人生をスタートした背番号

 

ここで人生をチェンジするターニングポイントかもしれんな

 

電話ごしに親父が最後にもらしたギャグだ

 

「母さんにかわるぞ」

 

そう言って受話器を運んだ親父に

 

「今日はアリガトウ」

 

と言ったけど

 

聴こえてなかっただろうな・・・。

 

・・・・・。

 

光亮は心頭滅却に生きます

 

誓います。

 

村上先生

 

そして

 

両親へ

 

ありがとう