読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sanoの館

ここはsanoの館です。気長にお付き合い所望する!

父の日を前に ...

f:id:sano8107:20140614030024p:plain

今週の日曜は父の日

 

実は先週の日曜に父と電話で話した

簿記2級の試験に合格したという知らせを伝えるために。。。

父は逆に 先々週の日曜にゴルフで人生初のホールインワンを決めたと報告してきた

お互いにオメデトウと幕をとじた会話だった

相変わらず我が父である

 

この年にもなって我ながら言うのも変だが。。。

我が父は偉大である

少なくとも私自身はそう感じている

 

何と言うか、、、

子供へ 子供でいさせる 男である

意味分かるかな? 私の乏しい表現で、、、。

 

最近やっと、、、

孫も誕生し(兄貴の子供) 会社の後継者も育ち(兄貴=次兄) 実家で長男も友に生活し

お殿様からお館様へ

2人の我が兄達のお陰様で

父は爺になりつつあると思う

 

でも 普段顔を会わせない俺に対しては

相変わらずの親分肌だ

 

全てを見透かしているような

余裕を感じさせるような

それでいて 俺の弱点も知ってて

ちゃんと修正してくれる

 

今になって思えば 子供の頃からそうだったのかもしれない。。。

 

父は 兄2人に対しては 相当なスパルタだったと思う

親というよりは師

兄貴達の感想を聞いたら、、、

師というよりは宿敵だったんだろうな。。。

 

家族内で抗争したときは(「佐野家の乱」と私は呼んでいる)、、、

「こんなヤツ殺して この家出てってやるっ!」と兄貴達が親父へ罵声を浴びせながら。。。

って光景を子供ながらに覚えている

 

そんな親父大ッ嫌いな2人の兄貴が 今では親父と共に生活し共に同じ職場で働いている

お互いがお互いを尊重し合って 頼りにしているようだ

 

一番慕ってた俺は 俺だけが 未だ同じ土地に住んでいない。。。

 

 

父は常に親分風を吹かせてきた

こっちが慕っている慕っていないとか関係なく

常に親分風をきってきた

 

 

 

ふと、、、

あと何回父の日を迎えられるんだろうって思ったら

とても寂しくなった

 

「父さんが死んで 初めて始まるんだよ。。。」

と母は最近俺に言う

 

 

父は偉大です

それを知ってる母も偉大です

 

本気で墓石を買ってプレゼントしようかとも思うが。。。

 

・・・・・・・

 

父の日を前に 皆さんは何を思いますか?