読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sanoの館

ここはsanoの館です。気長にお付き合い所望する!

手書き

7月31日は父の誕生日だ

 

67歳になる

 

67歳の大先輩へ 何をプレゼントしたら良いのか

 

どんな言葉をかけたらいいのか

 

悩みに悩んで 答えが見つからないまま その日になりそうだ

 

何となく オレと父の関係は異様だ

 

父と言うより師と言う間隔の方ガ強い

 

本来なら一緒にメシでも食いに出かけたい

 

何よりも時間を割いて父の話に付き合う事が一番だと思っている

 

でも未熟なオレが相手では父には物足りないだろう

 

この距離感が一番いいのかもしれない

 

もっと一端な人間になるまで

 

どうか健康でいて欲しい 生きて見届けていて欲しいものだ

 

迷惑を沢山かけた分 勝手にそう慕っている

 

手紙は、やはり激励の言葉にした

 

67歳になる爺様を焚き付けるような原点回帰の文を書いた

 

師は死しても師であって欲しい 弟子の勝手な想いである

 

息子より

f:id:sano8107:20140730014317j:plain